本文へスキップ
お問い合わせ

 趣意書


 近年、急速な超高齢化社会を迎え保健医療福祉サービスに対する関心が高まっています。これら保健医療福祉領域に
携わる職種も多種多様になってきました。そして多くの職種間での連携が必要になってきています。
 保健医療福祉の各分野においては、これまでに多くの学術活動による研鑽が行われてきました。しかし、各専門域別
の縦割り的な活動により職種間の相互連携が必ずしも円滑に進んでいたのかは疑問です。
 21世紀は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医師、看護師、臨床心理士、リハ工学士、ソーシャルワーカー
義肢装具士、保健師、介護福祉士、栄養士、薬剤師、健康運動指導士、スポーツトレーナー、ヘルパー、鍼灸師
マッサージ師、柔道整復師、ボランティア等々、広範囲の専門的技術者の相互理解と新しい協力体制によって様々な問題を解決していく必要があります。しかしながら多種多様な職種が一同に会して意見交換をする場が極めて少ないのが現状です。つまり保健医療福祉を総合的に研究発展させていく環境「研究会」が必要です。
 以上の点を鑑み、多種多様な職種間の垣根を取り除いて自由に意見交換が出来る学術機関を設立し、研究会の開催や
学会誌の発行を行い、互いの資質向上や利用者へのサービス向上をはかり、広く社会へ貢献するとともにリハビリテーションの発展に寄与することを目的として「専門リハビリテーション研究会」を設立しようとするものであります。

return to top

バナースペース

専門リハビリテーション研究会
事務局

〒344-0063
埼玉県春日部市緑町6-11-48
春日部厚生病院
リハビリテーション部内

TEL 048-736-1155